阿波学会研究紀要


このページでは、阿波学会研究紀要論文をご覧いただけます。
 なお、電子化にともない、原文の表記の一部を変更しています。

郷土研究発表会紀要第26号
池田町の植物相

徳島県博物同好会

      阿部近一・木下覚・高藤茂

1.自然環境の概況
 池田町は吉野川を本流とし、それに注ぎ込む祖谷川・中津川・馬路川・鮎苦谷川・祖谷川の支流松尾川などの河川に沿って発達した面積167.79平方キロメートルの広大な地域である。
 北側には讃岐山脈の一部である中蓮寺峰・雲辺寺山等で香川県と境し、西は山城町と共に愛媛県に接している。また、南側は祖谷山系の西端中津山(1,447m)があり、それを狭むようにして祖谷川・松尾川が流れている。したがって、地形は500メートル以上の高地が多く、1,000メートル近い山や多くの河川、湿地などがつくられ極めて変化に富んでいる。
 地質的には大きい断層である中央構造線によって南北にはっきりと分けられている。中央構造線は鳴門を経て本町を通り県境に抜けているが、それを境に北が和泉帯とよばれる砂岩層、南が三波川帯とよばれる結晶片岩層である。
 気候は年平均気温15.1℃、雨量は1,554ミリ(いずれも徳島地方気象台調べ)となっていて讃岐山脈側では県内の高温乾燥地帯・南の四国山地側になるにつれて気温が低く雨量が多くなっている。
 このように、地形・地質・気候ともに変化に富んでいるため植物の生育環境もまた複雑多様である。したがって、特殊な植物が生育し、種類数も多い。

 

2.植生の状況
 池田町全域を植生の分布によって、暖温帯域・中間温帯域・冷温帯域に分けると図1のようになる。

1,000メートル以上に見られる冷温帯域は中津山頂付近のごくわずかの地域で、他は暖温帯域・中間温帯域となっている。これらの地域では、それぞれを特徴づける植生が見られるはずである。しかし、本町は四国霊場六十六番礼所で知られる雲辺寺や白地城跡・池田大西城跡などに見られるごとく、古くは藤原全盛時代から現在に到るまで開発が進められてきた。そのため森林は伐採され、アカマツやコナラなどの二次林、スギ・ヒノキなどの植林に置き代えられていて自然林はほとんどなくなっている。

 

3.暖温帯常緑広葉樹林と二次林
 本町の河川に沿った500メートル以下の低地や丘陵地は、人々の生活の場として開拓されているため、自然林が残っているところはほとんどない。ごくわずかに神社の林や河川沿いに残されている自然林に近い状態の森林からかつての植生を推測できるにすぎない。
1  新地八幡神社の社叢に見られる代表的樹林
  池田町新地八幡神社にはシラカシを優占種とするシイ・カシの常緑広葉樹林が残されている。その構成樹種は次のようである。
 高木層 シラカシ(胸径91cm・優占)・ツブラジイ・スダジイ・クスノキ・アカガシ
 低木層 ヤマウルシ・カマツカ・シラカシ・ヒサカキ・ヤブツバキ・マルバウツギ・ムクノキ・イヌビワ・ヤブムラサキ・リョウブ・ネズミモチ・ソヨゴ・シロバイ
 草本層 ネザサ・ミズヒキ・イノコヅチ・ヤブラン・ヌスビトハギ・ベニシダ・チヂミザサ・ヤブミョウガ・サルトリイバラ・テイカカズラ・タカノツメ・クサギ・フユイチゴ・マルバベニシダ・タラノキ・イヌザンショウ・ヤブコウジ


 この外、池田ダムの両岸には所々にシラカシの生育が見られる。これらの状況から推測すると、低地や丘陵地はかつては、シラカシ・ツブラジイ・クスノキなどを中心とする常緑広葉樹林が発達していたものと思われる。
2  峰の久保一帯のコナラ二次林
  峰の久保から西山にかけての山麓一帯にはコナラを優占種とする落葉広葉樹の二次林が至る所に見られる。これは、この付近の樹林が薪炭類等の需要のためにたえず伐採がくり返され、その後に形成されたもので、ほとんどが若い樹林である。峰の久保の谷筋に見られる樹林の組成を例にあげると次のようである。
 亜高木層 コナラ(優占)・クヌギ・ヤマザクラ・ケヤキ・エノキ・ムクロジ・クマノミズキ・ムクノキ・カラスザンショウ
 低木層 クサギ・キブシ・マルバウツギ・アラカシ・フユザンショウ・ヤブツバキ・ダンコウバイ・サルトリイバラ・ナンテン・イヌガヤ・ナワシロイチゴ・イヌビワ・ナナミノキ・ナワシログミ・アカメガシワ・アケビ・キヅタ・ヤマコウバシ・ヒサカキ・コウヤボウキ・シロバナウンゼンツツジ・アカマツ・コバノガマズミ・イヌザンショウ・カキ・ネズミモチ・コマユミ・ハゼ
 草本層 シロヨメナ・ヤイトバナ・ヨモギ・イタドリ・ヤクシソウ・クマワラビ・ヒメドコロ・タチツボスミレ・セントウソウ・アオツヅラフジ・チヂミザサ・イノコヅチ・ノキシノブ・ヤマカモジグサ・ケフシグロ・ヒメウズ・ヒヨドリジョウゴ・ヤブソテツ・シュンラン・ノガリヤス・ヒオウギ・キンミズヒキ・ヤマイタチシダ・イチヤクソウ・ヤマノイモ・イノモトソウ・センニンソウ
3  黒沢のアカマツ二次林
  低山や丘陵地では森林が伐採されると、その後に、先ずススキ群落が出現し、次第にアカマツ林に代り、最終的には常緑広葉樹林に移行して極相に達するという群落遷移が行なわれる。黒沢や西山周辺には若いアカマツの二次林が多く見られる。黒沢におけるアカマツ林の構成樹種は次のようである。
 亜高木層 アカマツ(優占)
 低木層 オンツツジ・イヌツゲ・ヒサカキ・サイコクキツネヤナギ・サルトリイバラ・コナラ・ヤマナラシ・クリ・アセビ・ウワミズザクラ・ノリウツギ・ネジキ・ウラジロノキ・ハゼ・ヤマツツジ・コシアブラ・ツガ・ネムノキ・カワチハギ・ウツギ・アキグミ・コガクウツギ
 草本層 ススキ・ゼンマイ・ヒメシダ・ツルリンドウ・ノギラン・シシガシラ・ヒサカキ・シュンラン

 

4.推移帯の中間温帯林
 徳島県では900メートル付近から冷温帯の特徴をもつクリ・コナラ・シデなどの落葉広葉樹林が見られ、1,000メートル以上になると冷温帯のブナ林が発達する。500メートルから900メートル付近までは、暖温帯から冷温帯へ移行する推移帯の中間温帯林が見られる。
1  雲辺寺山のモミ林
  雲辺寺山は標高911メートルの池田町佐馬地と、香川県三豊郡にまたがる山である。四国霊場第66番札所雲辺寺がある。讃岐山系の一部で、母岩は和泉砂岩からなり、気候は高温で乾燥する地域に属する。霊場であるため参道付近には杉の大木がおいしげり、周囲5メートルもあるケヤキの大木が残されている。林床には本県では珍しいカッコソウ・キクガラクサ・ナットウダイ・ケスハマソウ・ユリワサビなどのほか、ハコネシケチシダ・ミドリワラビ・イノデ類など多くのシダ類が生育している。
 雲辺寺の周辺もほとんどがスギ・ヒノキの植林に代えられているが、わずかにモミの美しい自然林が残されている。ここには、落葉樹にウリハダカエデ・アカシデ・アズサ・ケヤキ・ミヤマザクラなどが見られ常緑樹にはシロダモ・アカガシ・ハイノキ・ヤブニッケイなどが生育していて中間温帯林を特徴づけている。モミ林の構成樹種は次のようである。
 高木層 モミ(胸径118cm・優占)・ツガ・アズサ・ヤマザクラ・アカシデ
 亜高木層 コハウチワカエデ・アズサ・アカシデ・ヤドリギ・ウラジロノキ・アカガシ・コシアブラ
 低木層 ハイノキ・シロダモ・アセビ・コハウチワカエデ・ウラジロノキ・アカガシ・アカシデ・ヒイラギ・オンツツジ・ネズミモチ・モミ・コシアブラ・シロモジ・イヌガヤ・ケクロモジ・カナクギノキ・ヒサカキ・ウラジロガシ・カマツカ・ヤマウルシ・ユズリハ・タンナサワフタギ・マルバアオダモ・ミヤマザクラ
 草本層 ネズミモチ・ヤブムラサキ・ハイノキ・ツガ・ミズキ・マルバフユイチゴ・ツルリンドウ・ガマズミ・ヒイラギ・サルトリイバラ・シロダモ・カナクギノキ・ケクロモジ・アカシデ・イタヤカエデ・イヌツゲ・シハイスミレ・イワガラミ・コバノガマズミ・コウヤボウキ・オトコヨウゾメ・コナラ・ヤマウルシ・シュンラン・シシガシラ・ウリハダカエデ・ムラサキシキブ・コハウチワカエデ・ナガバモミジイチゴ・ナツヅタ・シラヤマギク・ヤマムグラ・テイカカズラ・アサマリンドウ・イチヤクソウ・イイギリ・ミツバアケビ・クモキリソウ・ウラジロイチゴ・ミヤマシキミ・ハリギリ・アオハダ・アワブキ・マツブサ


  県下の自然林が、毎年伐採され、姿を消していく中で、ここに残されているモミ林は、霊場雲辺寺の象徴として原始の姿をとどめる貴重な樹林である。
2  箸蔵山中間温帯林
  東州津から箸蔵寺に登ると、谷筋にケヤキを優占種とし、シラカシ・イロハカエデ・ハリギリなどが樹冠を作る自然林が見られる。林内にはモチノキ・カゴノキ・ヤブツバキ・アラカシなどの暖地性常緑広葉樹が生育し、中間温帯林の特徴を備えている。特に海岸性のヒメユズリハがここに生育しているのは分布上珍しい。
3  不自由谷のオニグルミの優占する樹林
  松尾川の上流、不自由谷には、オニグルミを優占種とし、サワグルミ・ケンポナシ・カラスザンショウなどを組成にもつ自然林に近い樹林が見られる。その林床にはリョウメンシダ・イノデ類などのシダ類が多い。これは河川に沿った水分の多い谷筋や斜面に発達するもので、野呂内などにもサワグルミを優占種にもつ樹林が谷筋に残っている。不自由谷の構成樹種は次のようである。
   標高約450m
 高木層 オニグルミ(優占)・サワグルミ・ケヤキ・ヤマフジ・カラスザンショウ・ミズキ・イイギリ・ケンポナシ
 亜高木層 アカガシ・フサザクラ・ミズキ・イロハカエデ・カゴノキ・イヌガヤ・ネムノキ
 低木層 イヌガヤ・サンショウ・ウツギ・ヤブウツギ・オニグルミ・フサザクラ・ヤマフジ・ケヤキ・ニワトコ・シロダモ・イロハカエデ・ヤハズアジサイ・ウワミズザクラ・カナクギノキ
 草本層 クサイチゴ・チヂミザサ・クマワラビ・ジュウモンジシダ・ヤマアイ・ジャケツイバラ・イノコヅチ・マメヅタ・バイカアマチャ・ヤブソテツ・クサマオ・ハカタシダ・オオツヅラフジ・リョウメンシダ・ナキリスゲ・アマチャヅル・アワブキ・オオバノイノモトソウ・サカゲイノデ・イノデ・イヌガヤ・ナツエビネ・コアカソ・ツヤナシイノデ・イワガネゼンマイ・ダイコンソウ・ミズヒキ・ヤマヤブソテツ・アキチョウジ・ケマルバスミレ・イタヤカエデ・ヒカゲワラビ

 

5.冷温帯の落葉広葉樹林
 本町における冷温帯域は中津山の山頂付近とその周辺部のごく限られた部分である。
1  中津山のブナ林
  1,000メートル以上になると冷温帯落葉広葉樹林のブナ林が発達する。中津山も昭和40年ごろまでは一部立派なブナ林が残存していたがその後(昭和45〜46年ごろ)伐採され、今では全く見ることができない。山頂近くには中津権元が祭られているがその前にある池の水面をジュンサイがびっしりと被いつくしていて美事である。頂上はシコクザサが生えていて、その周辺に見られる低木林の組成がわずかにかつてのブナ林の面影をとどめている。それは次のようである。
 木本層 ヒノキ(植林)・リョウブ・シロモジ・タンナサワフタギ・コハウチワカエデ・コバノミツバツツジ・ウリハダカエデ・カジカエデ・ベニドウダン・ニワトコ・ヤマアジサイ
 草本層 アカショウマ・タガネソウ・イタドリ・ショウジョウバカマ・ウバママコナ・テンニンソウ


2  大西山のクリ・コナラ林
  中津山への登山道、大西山の西標高950メートル付近には、コナラを優占種とし、クリ・カナクギノキ・エゴノキ・キハダなどを構成樹種にもつ落葉広葉樹林が自然林に近い形で残されている。これは、ブナ帯の下部に発達する冷温帯の樹林である。その組成は次のようである。
 高木層 コナラ(優占)・クリ・エゴノキ・キハダ・ヤマハンノキ・カナクギノキ
 亜高木層 エゴノキ・ノリウツギ・シロモジ・サルナシ・リョウブ
 低木層 シロモジ・タンナサワフタギ・ノリウツギ・ヤブイバラ・コバノガマズミ・コハウチワカエデ・イヌツゲ・ハリギリ・サルトリイバラ
 草本層 オオバショウマ・ホウチャクソウ・シシガシラ・シモバシラ・ノリウツギ・ハリガネワラビ・ゼンマイ・コナラ・ナガバモミジイチゴ・フタリシズカ・モミジガサ・ハリギリ・ミゾシダ・ヒヨドリバナ・ヒゴスミレ・シロヨメナ・ヘクソカズラ・ツルリンドウ・オトコエシ

 

6.黒沢の特殊湿原植物
 黒沢は本町の松尾と漆川の間に位置する標高約550メートルの湿原である。周囲はなだらかな山で囲まれ、南北に約2キロメートル、巾100〜300メートルと細長く平面的に見るとワカメの切れはしのような入りくんだ形をした沼沢盆地である。面積はおよそ40haにおよび南に向ってゆるやかに傾斜している。周囲の山から流れ込む水は東側を流れる小川に沿って松尾川に注いでいる。湿原は古くから湿田として開拓され、現在も北側には水稲が栽培されている。
 黒沢湿原の生成年代についてはウルム氷期(5〜6万年〜1万年前)ごろであろうといわれている。湿原の土壌は低い粘土層の帯水地に周囲の山から流れ込んだ火山灰が、そこに生育した植物の遺体でできた腐殖土とともに集積したと考えられている。
 このように古い時代に形成された特殊な環境の中でオオミズゴケが生育し、それが更に湿原植物群落の発達を促し、多くの特殊な湿原植物が現在まで残存しているのである。湿原植物群落としては四国唯一の貴重なものであり、昭和40年に「黒沢の湿原植物群落」として県の天然記念物に指定された。
 黒沢湿原とその周辺には次のような植物の分布が見られる。
1  黒沢とその周辺植物
  湿原の周囲のなだらかな山はたえず人手が加えられてきたことを表し、そのほとんどがアカマツの若い二次林になっている。しかし、所によっては、コナラ・ヤマハンノキ・イヌシデなどの落葉広葉樹も見られ、かつて中間温帯林としての植生がしのばれる。また、山の山足から湿田のあぜに到るたえず人手が加わる所には、ススキを優占種とする草原が発達し、ここには、ヤマドリゼンマイ・タムラソウ・ミヤコアザミ・サワシロギクなどの珍しい植物も生育している。ススキ群落の組成は次のようである。
  ススキ(優占)・サルトリイバラ・トダシバ・シラヤマギク・テリハノイバラ・アキノキリンソウ・オトギリソウ・スイカズラ・アキカラマツ・クズ・ミヤコアザミ・ミツバツチグリ・オミナエシ・タムラソウ・カワチハギ・シロヨメナ・ヌメリグサ・ベニバナボロギク


2  ミズゴケ湿原とその植物
  黒沢湿原を特徴づけるのはオオミズゴケの群落とサギソウである。オオミズゴケは湿原群落を維持していく上で最も重要な要素である。山足から湿地に流入する水はオオミズゴケの群落で一旦保水され、四季を通じて恒常的に水分を供給する役割を果している。ここにはキセルアザミ・スイランなどのほか、ミミカキグサ・ホザキノミミカキグサなどの食虫植物が多く生育している。
  食虫植物の生育地を例にとると次のような植物が見られる。
  イヌノハナヒゲ・コイヌノハナヒゲ・ニッポンイヌノヒゲ・ミズトンボ・ヤハズソウ・コアゼガヤツリ・ホザキノミミカキグサ・チゴザサ・チガヤ・ヨシ・トキソウ・ヌメリグサ・ツボクサ・サワオトギリ
  黒沢湿原を代表するオオミズゴケとサギソウであるが、オオミズゴケは園芸関係の業者などによって観賞用植物の裁培用に大規模に盗掘され、サギソウにいたっては、花の美しさのために山草愛好家とか愛蘭家と称する人達によって乱獲され、自生の有無さえ定かでない。


3  深泥沼沢とその植物
  ここは湿原のうちでも常時水をたたえている所で、粘土層の上に腐殖土が堆積し、かつては水田として利用されていた所である。北側から南側へ、中央部から山足部へと、場所によって水量や土地の状態が異なり、やや乾いていて人が歩ける所から、一歩ふみ込めばたちまち腰のあたりまで泥の中に没する深い所までさまざまである。したがってそこに生育する植物もその環境に適応した群落の発達が見られる。
  主なものを例に準げると、深い所では、ミズオトギリ・ヒメミクリ・カサスゲ・ヨシなどが群落を作り、スイレン・ヒルムシロ・オヒルムシロなども一部に見られる。浅い所ではホタルイ・シカクイなどが群落を作っている。
  湿原北側の休耕田では次のような植物が見られる。
  アキノウナギツカミ(優占)・ヨシ・エゾミソハギ・ノチドメ・ヒメクグ・コブナグサ・チョウジタデ・スズメノヒエ・スイラン・ススキ・スイカズラ・ヒデリコ・イ・ツボスミレ・サワオトギリ・ヌメリグサ・ヤマイ・セリ・ヒメサルダヒコ・ニッポンイヌノヒゲ・ヒロハイヌノヒゲ・ホタルイ・ミズトンボ・セキショウ・べニバナボロギク・ダンドボロギク・アブラガヤ

 

7.本町の特記すべき植物
1)Hebenaria radiata Spreng サギソウ 黒沢
   県内唯一産地
2)Primura kisoana Miq. カッコソウ 雲辺寺山
   県内に稀
3)Wasabia tenuis Matsum. ユリワサビ 雲辺寺山
   県内に稀
4)Anemone hetatica Linn. var. pubescens ケスハマソウ 雲辺寺山
   県内に稀
5)Brasenia schreberi J. F. Gmel ジュンサイ 中津山・中蓮寺峰
   県内に稀
6)Eulalia speciosa Q. Kuntge ウンヌケ 黒沢
   四国唯一産地
7)Potamogeltom natans Linn. オヒルムシロ 黒沢・中蓮寺峰
   県内稀
  P. fryeri A. Benn. フトヒルムシロ 黒沢
   県内稀
8)Sparganium stenophllum Maxim. ヒメミクリ 黒沢
   県内唯一産地
9)Nymphaea tetragona Georgi var. angusta casp. ヒツジグサ 黒沢
   県内稀
10)食虫植物
   イシモチソウ・ミミカキグサ・ホザキノミミカキグサ・モウセンゴケ・タヌキモ・イトタヌキモ 黒沢
11)Lythrum salicaria Linn. エゾミソハギ 黒沢
   黒沢ではミソハギと互いに棲み分けるが県内では稀
12)Sium sisarum Linn. ムカゴニンジン 黒沢
   県内稀
13)Mitrasacme pygmaea R. Br. アイナエ 黒沢
   県内稀
14)Cirsium sieboldii Miq. マアザミ 黒沢
   県内稀
15)ヤマサワシロギク
   サワシロギク×シロヤマギク 黒沢
   雑種として稀
16)キンケイヨメナ
   シロヨメナ×イナカギク 黒沢
   雑種として稀
17)Serratula Coronata Linn. タムラソウ 黒沢
   県内稀
18)Synurus palmatopinnatifidus Kitam キクバヤマボクチ 黒沢
   県内稀
19)Hololeion krameri Kitamura スイラン 黒沢
   県内稀
20)Osmunda cinnamonea Linn.var. fokiensis cop. ヤマドリゼンマイ 黒沢
   県内稀
21)Athyrium viridifrons Makino ミドリワラビ 雲辺寺山
   県内初記録
22)Cornopteris hakonensis Nakai ハコネシケチシダ 雲辺寺山
   県内稀
23)Lillum speciosum Thunb. カノコユリ 黒沢下部・出合
24)Scirpus fuirenoides Maxim.  コマツカサススキ 中蓮寺山
   (小林秀雄)雲辺寺山とその周辺の植物による。
25)Vicia deflexa Nakai var. minor Murata ヒメヨツバハギ 祖谷口
   県内唯一産地
26)Phacellanthus tubiflorus Sieb. et Zucc. キヨスミウツボ 松尾下名
27)Daphniphllum teijsmannii Zoll. ヒメユズリハ 箸蔵
   分布上珍しい
28)Hosta yakusimensis F. Maekawa スダレギボウシ 池田ダム付近

 

8.植物の保護について
 以上述べてきたように、本町は雲辺寺山・黒沢湿原を中心として貴重な植物が数多く生育している。一方、開発の波はゆるむことなく着実に押し寄せており、このままでは両地とも次第に荒廃への道を歩んでいくことは明らかである。それは、本町を歩いていて荒廃地を好む帰化植物が多く目につくことからも推察される。空地にはセイタカアワダチソウが群落を作っていたり、花粉病の原因になるブタクサが繁茂していたり、開拓地の西山牧場にはブタナなどの外来植物が多く生育している。
 一度滅びてしまった自然はとり返すことはできない。黒沢湿原や雲辺寺山周辺の植物が、池田町のみならず、県民全体にとって貴重な財産であることをじゅう分認識した上で、これらの地域の自然環境を保護する措置を現在にも増して講ずることを強く望みたい。尚、黒沢湿原についての調査は、(徳島県自然保護協会調査報告第一号)「黒沢湿原」昭和49年12月徳島県自然保護協会発行、に詳しく報告されているので参照されたい。

 参考文献
総合学術調査報告 第22号阿波学会 徳島県立図書館
「黒沢湿原」徳島県自然保護協会調査報告 第1号 徳島県自然保護協会
徳島の自然 地質1 岩崎正夫編
植物の分布と分化  堀田 満著
雲辺寺山とその周辺の植物 小林秀雄著
  など

 

池田町植物目録   博物班 阿部近一・木村晴夫・高藤茂・木内和美・木下覚

 

キク科−ハルノノゲシ、アキノノゲシ、ニガナ、オオバナニガナ、シロニガナ、ジシバリ、オオジシバリ、オニノゲシ、アイノゲシ、ヤマニガナ、ムラサキニガナ、ヨメナ、オオユウガギク、コオニタビラコ、ヤブタビラコ、センボンヤリ、ハンカイソウ、オオモミジガサ、ヤクシソウ、フキ、コウゾリナ、ミヤコアザミ、ヒメヒゴタイ、オカオグルマ、サワギク、サワオグルマ、ノボロギク、タムラソウ、メナモミ、コメナモミ、アキノキリンソウ、オオアワダチソウ、アオヤギバナ、ヤブレガサ、キクバヤマボクチ、ヤマボクチ、ハバヤマボクチ、カンサイタンポポ、オオオナモミ、オナモミ、カセンソウ、スイラン、アレノノギク、キツネアザミ、キクイモ、チチコグサモドキ、ハハコグサ、チチコグサ、サワヒヨドリ、ヒヨドリバナ、サケバヒヨドリ、オオアレチノギク、イズハハコ、ヒメムカシヨモギ、ヒメジョオン、ダンドホロギク、ベニバナホロギク、クサヤツデ、タカサブロウ、イシヅチウスバアザミ、マアザミ、ヤマアザミ、シコクアザミ、モリアザミ、ヒメアザミ、ノアザミ、シマカンギク、ケショウアザミ、ホソバガンクビソウ、サジガンクビソウ、ガンクビソウ、ヒメガンクビソウ、コヤブタバコ、ヤブタバコ、ニシノヤマタイミンガサ、モミジガサ、コバノセンダングサ、アメリカセンダングサ、ホウキギク、メガバシラヤマギク、シラヤマギク、サワシロギク、シロヨメナ、ノコンシロヨメナ(シロヨメナ×ノコンギク)、ノコンギク、ホソバコンギク、タニガワコンギク、ヨモギ、オトコヨモギ、イヌヨモギ、ホソバヤマハハコ、ブタクサ、テイショウソウ、キッコウハグマ、ノブキ、ヌマダイコン、コウヤボウキ、オタカラコウ、シュウブンソウ
キキョウ科−ツリガネニンジン、ホタルブクロ、ツルニンジン、タニギキョウ、ヒナギキョウ、ミゾカクシ、キキョウ
ウリ科−カラスウリ、モミジカラスウリ、アマチャヅル
オミナエシ科−オトコエシ、オミナエシ、ツルカノコソウ
スイカズラ科−ソクズ、スイカズラ、ガマズミ、ミヤマガマズミ、コハツガマズミ、コツクバネウツギ、ツクシヤブウツギ、ヤブウツギ、ニワトコ
アカネ科−ヤエムグラ、アカネ、ハシカグサ、ウスコキムグラ、オヤマムグラ、ヤマムグラ、ヒメヨツバムグラ、ヨツバムグラ、ホソバノヨツバムグラ、カワラマツバ、フタバムグラ、ナガエフタバムグラ、ツルアリドウシ、ヘクソカズラ、イナモリソウ、アリドウシ、クチナシ
オオバコ科−オオバコ
ハエドクソウ科−ハエドクソウ
キツネノマゴ科−ハグロソウ、キツネノマゴ、スズムシバナ
タヌキモ科−ミミカキグサ、ホザキノミミカキグサ、タヌキモ
イワタバコ科−イワタバコ
ハマウツボ科−ヤマウツボ、ナンバンギセル
ゴマノハグサ科−ゴマクサ、サワトウガラシ、アルバノサワトウガラシ、アブノメ、キクカラクサ、シソクサ、キクモ、スズメノトウガラシ、アゼナ、アゼトウガラシ、トキワハゼ、ムラサキサギゴケ、ウバママコナ、ミゾホウズキ、クチナシグサ、シオガマギク、コシオガマ、タチイヌノフグリ、オオイヌノフグリ、カワジサ
ナス科−ハダカホウズキ、ヒヨドリジョウゴ、イヌホウズキ、ヤマホロシ、ハシリドコロ
シソ科−キランソウ、オオギカズラ、ジュウニヒトエ、ツクバキンモンソウ、トウバナ、クルマバナ、イヌトウバナ、ヤマトウバナ、ナギナタコウジュ、カキドウシ、ヤマハッカ、ヒキオコシ、アキチョウジ、ホソバシモバシラ、ホトケノザ、ヤマジオウ、ヒメジソ、シロネ、コシロネ、イヌコウジュ、スズコウジュ、レモンエゴマ、ウツボグサ、アキノタムラソウ、キバナアキギリ、タツナミソウ、コバノタツナミソウ、ツクシタツナミソウ、ツルニガクサ、ニガクサ
クマツヅラ科−クマツヅラ、ムラサキシキブ、ヤブムラサキ、ナガバヤブムラサキ、クサギ
ムラサキ科−ヤマルリソウ、ハナイバナ、ホタルカズラ、ミズタビラコ、キュウリグサ
ヒルガオ科−コヒルガオ、ヒルガオ、ネナシカズラ
ガガイモ科−イケマ、ガガイモ、オオカモメヅル、スズサイコ
キョウチクトウ科−テイカカズラ、ケテイカカズラ
リンドウ科−センブリ、イヌセンブリ、アケボノソウ、リンドウ、フデリンドウ、ツルリンドウ
フジウツギ科−アイナエ
モクセイ科−マルバアオダモ、イボタノキ、ネズミモチ、ヒイラギ
エゴノキ科−エゴノキ、アサガラ、オオバアサガラ
ハイノキ科−ハイノキ、タンナサワフタギ、クロバイ
カキノキ科−カキノキ、ヤマガキ
サクラソウ科−ミヤマタゴボウ、オカトラノオ、コナスビ、スマトラノオ、シコクカッコソウ
ヤブコウジ科−ヤブコウジ、マンリョウ、ツルコウジ、イズセンリョウ
ツツジ科−ネジキ、ヤマツツジ、モチツツジ、トサノミツバツツジ、アワノミツバツツジ、コバノミツバツツジ、キシツツジ、ホンシャクナゲ、シロバナウンゼンツツジ、シャシャンボ、ウスノキ、ケウスノキ、ナツハゼ、アセビ
イチヤクソウ科−イチヤクソウ
リョウブ科−リョウブ
ミズキ科−クマノミズキ、アオキ、ヤマボウシ、ミズキ
セリ科−ノダケ、シラネセンキュウ、シシウド、イヌトウキ、ツボクサ、セントウソウ、イブキセントウソウ、ミツバ、チドメグサ、オオチドメ、ノチドメ、ヤブニンジン、シラカワボウフウ、ウマノミツバ、ムカゴニンジン、カノツメソウ、ヤブジラミ、セリ
ウコギ科−タラノキ、ウド、コシアブラ、オオウコギ(ケヤマウコギ、オニウコギ)、カクレミノ、ヤツデ、ハリギリ、キヅタ
アリノトウグサ科−アリノトウグサ、フサモ、ホザキノフサモ
アカバナ科−ミズタマソウ、ウシタキソウ、アカバナ、チョウジタデ、ミズユキノシタ、アレチマツヨイグサ、コマツヨイグサ、ヒシ
ウリノキ科−ウリノキ
ミソハギ科−エゾミソハギ、キカシグサ、ミソハギ
グミ科−ツルグミ、ウラギンツルグミ、ナワシログミ、アキグミ
ジンチョウゲ科−コショウノキ、コガンピ、ガンピ、キガンピ、ミツマタ
キブシ科−キブシ
イイギリ科−イイギリ
スミレ科−アカネスミレ、スミレ、シハイスミレ、ケマルバスミレ、エイザンスミレ、ヒゴスミレ、タチツボスミレ、コタチツボスミレ、アオイスミレ、コスミレ、ニオイタチツボスミレ、ナガバタチツボスミレ、アケボノスミレ、シコクスミレ、フモトスミレ、ヒナスミレ、ツボスミレ、ノジスミレ、ケナガバタチツボスミレ
ミゾハコベ科−ミゾハコベ
オトギリソウ科−トモエソウ、オトギリソウ、アゼオトギリ、サワオトギリ、ナガサキオトギリ、ヒメオトギリ、コケオトギリ、ミズオトギリ
ツバキ科−ヤブツバキ、ヒサカキ、サカキ
マタタビ科−マタタビ、サルナシ
シナノキ科−カラスノゴマ、ツナソ(イチビ)、ラセンソウ
ブドウ科−サンカクヅル、エビヅル、ノブドウ、ケサンカクヅル、アマヅル、ヤブガラシ
クロウメモドキ科−クロウメモドキ、ケンポナシ
ツリフネソウ科−キツリフネ、ハガクレツリフネ
アワブキ科−アワブキ
トチノキ科−トチノキ
カエデ科−イロハモミジ、ウリハダカエデ、チドリノキ、オニモミジ、イタヤカエデ、コハウチワカエデ、ヒナウチワカエデ
ミツバウツギ科−ミツバウツギ、ゴンズイ
ニシキギ科−ニシキギ、コマユミ、マサキ、ツリバナ、マユミ、ツルウメモドキ
モチノキ科−イヌツゲ、ウメモドキ、アオハダ、タラヨウ、ソヨゴ、クロガネモチ、モチノキ
ウルシ科−ハゼノキ、ヤマハゼ、ヤマウルシ、ヌルデ
アワゴケ科−アワゴケ
トウダイグサ科−ナツトウダイ、エノキグサ、ニシキソウ、オオニシキソウ、コニシキソウ、ヤマアイ、コミカンソウ、ヒメミカンソウ、アカメガシワ、コバンノキ、シラキ、ユズリハ、ヒメユズリハ
ヒメハギ科−ヒメハギ
ミカン科−マツカゼソウ、イヌザンショウ、コクサギ、ミヤマシキミ、ツルシキミ、サンショウ、フユザンショウ
カタバミ科−カタバミ、ムラサキカタバミ、コミヤマカタバミ
フウロソウ科−アメリカフウロ、ゲンノショウコ、コフウロ
マメ科−クサネム、ヤブマメ、ホド、ゲンゲ、ヤブツルアズキ、カワラケツメイ、ヌスビトハギ、フジカンゾウ、ヤブハギ、ヒメクズ、ノササゲ、ツルマメ、ヤハズソウ、メドハギ、マキエハギ、ネコハギ、ミヤコグサ、クズ、タンキリマメ、クララ、シロツメクサ、アカツメクサ、ヒメヨツバハギ、スズメノエンドウ、ヤハズエンドウ、カスマグサ、ミソナオシ、ネムノキ、キハギ、マルバハギ、カワチハギ、イヌハギ、コマツナギ、フジ、ナツフジ、シロバナヤマフジ、ジャケツイバラ、ケハネミイヌエンジュ
バラ科−ミツバツチグリ、キジムシロ、オヘビイチゴ、テリハキンバイ、ツルキンバイ、マルバフユイチゴ、ワレモコウ、ダイコンソウ、ヤブヘビイチゴ、ヘビイチゴ、キンミズヒキ、イブキシモツケ、ホソバイブキシモツケ、トサシモツケ、コゴメウツギ、ヤマブキ、モリイバラ、ニオイバラ、ノイバラ、テリハノイバラ、フユイチゴ、クマイチゴ、クサイチゴ、バライチゴ、ニガイチゴ、クロイチゴ、ヒメバライチゴ、ナガバモミジイチゴ、ナワシロイチゴ、イヌザクラ、ヤマザクラ、ミヤマザクラ、エドヒガン、リンボク、カスミザクラ、ザイフリボク、ビワ、カナメモチ、コバノカマツカ、ウスゲカマツカ、ウラジロノキ
マンサク科−マンサク
ユキノシタ科−アカショウマ、クサアジサイ、ヤマネコノメ、コチャルメルソウ、シコクチャルメルソウ、ジンジソウ、ユキノシタ、ウツギ、コウツギ、マルバウツギ、コガクウツギ、ノリウツギ、ガクウツギ、ヤマアジサイ、ゴトウズル(ツルアジサイ)
ベンケイソウ科−コモチマンネングサ、キリンソウ、ヒメレンゲ
モウセンゴケ科−モウセンゴケ、イシモチソウ
アブラナ科−タネツケバナ、オオバタネツケバナ、ナズナ、コンロンソウ、マルバコンロンソウ、ジャニンジン、マメグンバイナズナ、オランダガラシ、イヌガラシ、スカシタゴボウ、ワサビ、ユリワサビ、ミズタネツケバナ
ケシ科−タケニグサ、ムラサキケマン、クサノオウ、ジロボウエンゴサク、キケマン、フウロケマン
クスノキ科−クスノキ、ヤブニッケイ、カゴノキ、カナクギノキ、ダンコウバイ、ケクロモジ、クロモジ、ミヤマクロモジ、タブノキ、ホソバタブ、イヌガシ、シロダモ、アブラチャン、シロモジ、ヤマコウバシ
モクレン科−シキミ、サネカズラ、ホオノキ、タムシバ、マツブサ
ツヅラフジ科−アオツヅラフジ、オオツヅラフジ、ハスノハカズラ
メギ科−ナンテン、メギ
アケビ科−アケビ、ミツバアケビ、ゴヨウアケビ
キンポウゲ科−ニリンソウ、キブネギク、ルリイチゲ、イチリンソウ、サラシナショウマ、オオバショウマ、ケスハマソウ、サバノオ、ヤマシャクヤク、オトメシャクヤク、ケキツネノボタン、ヤマキツネノボタン、ウマノアシガタ、キツネノボタン、タガラシ、ヒメウズ、シギンカラマツ、アキカラマツ、センニンソウ、ボタンヅル、タカネハンショウズル、トリガタハンショウズル、シコクブシ、タンナトリカブト
カツラ科−カツラ
フサザクラ科−フサザクラ
ヤマグルマ科−ヤマグルマ
マツモ科−マツモ
スイレン科−ジュンサイ、オニバス、ハス、コウホネ、ヒツジグサ
ナデシコ科−ノミノフスマ、サワハコベ、コハコベ、ハコベ、ヤマハコベ、ウシハコベ、ミミナグサ、ツメクサ、ナデシコ(カワラナデシコ)、フシグロセンノウ、フシグロ、ワチガイソウ
スベリヒユ科−スベリヒユ
ツルナ科−ザクロソウ、クルマバザクロソウ
ヤマゴボウ科−マルミヤマゴボウ
ヒユ科−イノコヅチ、ヒナタイノコヅチ、ホナガアオゲイトウ、アオゲイトウ、イヌビユ、ホナガイヌビユ
アカザ科−アメリカアリタソウ、シロザ、アカザ、コアカザ
タデ科−クリンユキフデ、ハルトラノオ、イシミカワ、オオケタデ、ギシギシ、ソバ、サクラタデ、シロバナサクラタデ、ミヤマタニソバ、ヤナギタデ、イヌタデ、サデクサ、ヤノネグサ、ミゾソバ、アキノウナギツカミ、シロバナアキノウナギツカミ、ママコノシリヌグイ、オオネバリタデ、ヤブタデ(ハナタデ)、ミチヤナギ、イタドリ、ノダイオウ、スイバ、ミズヒキ
ウマノスズクサ科−ウロフネサイシン、ナンカイアオイ、ミヤコアオイ
ヤドリギ科−ヤドリギ
ビャクダン科−カナビキソウ
イラクサ科−ヤブマオ、アオミズ、クサマオ、メヤブマオ、ナガバヤブマオ、アカソ、コアカソ、ウワバミソウ(ミズナ)、イラクサ、カテンソウ、サンショウソウ、コミヤマミズ
クワ科−カナムグラ、クワクサ、ツルコウゾ、コウゾ、イヌビワ、ヒメイタビ、ヤマグワ
ニレ科−ムクノキ、エノキ、アキニレ、ケヤキ
ブナ科−ツブラジイ、スダジイ、クリ、アカガシ、アラカシ、シラカシ、ウラジロガシ、コナラ、アベマキ、クヌギ、ナラガシワ、ミズナラ、オオバコナラ、テリハコナラ
カバノキ科−ハンノキ、ケヤマハンノキ、カワラハンノキ、ヤマハンノキ、オオバヤシャブシ、ミズメ(ヨグソミネバリ)、クマシデ、アカシデ、イヌシデ、アサダ
クルミ科−オニグルミ、ノグルミ
ヤマモモ科−ヤマモモ
ヤナギ科−ヤマナラシ、サイコクキツネヤナギ、ネコヤナギ、アカメヤナギ、ナガボノヤマヤナギ
センリョウ科−ヒトリシズカ、フタリシズカ
ドクダミ科−ドクダミ、ハンゲショウ
ラン科−イワチドリ、ヒナラン、エビネ、ナツエビネ、キンラン、ギンラン、サイハイラン、シュンラン、クマガイソウ、カキラン、ツチアケビ、べニシュスラン、ミヤマウズラ、ミズトンボ、サギソウ、セイタカスズムシソウ、ジガバチソウ、クモキリソウ、コクラン、フウラン、コケイラン、ネジバナ、ヤマサギソウ、オオバノトンボソウ、オオヤマサギソウ、トキソウ、シロバナトキソウ、ウチョウラン、カヤラン、ツレサギソウ、ムカゴソウ
ショウガ科−ミョウガ
アヤメ科−シャガ、ヒオウギ、ニワゼキショウ
ヤマノイモ科−ヤマノイモ、カエデドコロ、モミジドコロ(キクバドコロ)、ヒメドコロ、オニドコロ
ヒガンバナ科−コキンバイザサ、ヒガンバナ、オオキツネノカミソリ
ユリ科−ソクシンラン、ノギラン、ノビル、ヒメニラ、ヤマラッキョウ、アマナ、クサスギカズラ、ウバユリ、チゴユリ、ホウチャクソウ、トサコバイモ、ショウジョウバカマ、シロバナショウジョウバカマ、ヤブカンゾウ、スダレギボウシ、オニユリ、コオニユリ、タキユリ、カノコユリ、ヒメヤブラン、シロバナヒメヤブラン、ヤブラン、ジャノヒゲ、ナガバジャノヒゲ、オオバジャノヒゲ、ツクバネソウ、ナルコユリ、ミヤマナルコユリ、ホソバナルコユリ、アマドコロ、キチジョウソウ、オモト、ツルボ、シオデ、ヤマジノホトトギス、セトウチホトトギス、ヤマホトトギス、サルトリイバラ
ビャクブ科−ナベワリ
イグサ科−ハナビゼキショウ、ヒロハコウガイゼキショウ、イ、タチコウガイゼキショウ、アオコウガイゼキショウ、コウガイゼキショウ、ハリコウガイゼキショウ、コモチゼキショウ、ホソイ、クサイ、スズメノヤリ、ヤマスズメノヤリ、ヌカボシソウ
ミズアオイ科−ホテイアオイ、コナギ
ツユクサ科−イボクサ、ツユクサ、ヤブミョウガ
ホシクサ科−ホシクサ、イヌノヒゲ、ヒロハイヌノヒゲ、シロイヌノヒゲ、ニッポンイヌノヒゲ、イトイヌノヒゲ
ウキクサ科−ウキクサ、アオウキクサ
サトイモ科―セキショウ、ショウブ、マムシグサ、ユキモチソウ、ミツバテンナンショウ、ムサシアブミ、アオテンナンショウ
カヤツリグサ科―イトハナビテンツキ、ヒゴクサ、マツバスゲ、タニガワスゲ、テキリスゲ、イワカンスケ、ミヤマカンスゲ、カンスゲ、シバスゲ、アオスゲ、ベニイトスゲ、チャイトスゲ、モエギスゲ、ヒメモエギスゲ(コップモエギスゲ)、アオヒエスゲ、ヒカゲスゲ、コジュズスゲ、ジュズスゲ、タチスゲ、シラコスゲ、ヤマジスゲ、ヤワラスゲ、ナキリスゲ、カサスゲ、ゴウソ、コゴメスゲ、ナルコスゲ、アゼナルコ、ケスゲ、オオイトスゲ、タマツリスゲ、マスクサ、ヒナスゲ、コハリスゲ、ヌカスゲ、ノゲヌカスゲ、ヒメシラスゲ、タガネソウ、チャガヤツリ、アイダクグ、ヒメクグ、タマガヤツリ、イガガヤツリ、アゼガヤツリ、コゴメガヤツリ、ウシクグ、シロガヤツリ、ハマスゲ、カワラスガナ、ナンゴクカワラスガナ、ミズガヤツリ、クグガヤツリ、カヤツリグサ、コアゼガヤツリ、ヒンジガヤツリ、アブラガヤ、カンガレイ、チシママツバイ、マツバイ、オオハリイ、ハリイ、クログワイ、ヤマイ、ホタルイ、イヌホタルイ、ヒメヒラテンツキ、ノテンツキ、ヒデリコ、メアゼテンツキ、クロテンツキ、トラノハナヒゲ、イヌノハナヒゲ、コイヌノハナヒゲ、イガクサ、ウキヤガラ、フトイ
イネ科―ネザサ、セトガヤ、ヤマヌカボ、ヌカボ、ヤマアワ、ヒメノガリヤス、ノガリヤス、クサヨシ、カニツリグサ、クサヨシ、ヤマカモジグサ、トボシガラ、イチゴツナギ、ミゾイチゴツナギ、ムツオレグサ、コメガヤ、アシカキ、ツルヨシ、ヨシ、カゼクサ、ネズミガヤ、シバ、トダシバ、ミギワトダシバ、エノコログサ、アキノエノコログサ、コップキンエノコロ、オオエノコロ、ハイヌメリグサ、ヌメリグサ、メヒシバ、アキメヒシバ、ウスゲアキメヒシバ、カモジグサ、アオカモジグサ、タチカモジグサ、スズメノテッポウ、ウシクサ、コブナグサ、カラスムギ、カズノコグサ、アブラススキ、ヒメアブラススキ、ヒメコバンソウ、イヌムギ、キツネガヤ、ジュズダマ、カリマタガヤ、イヌビエ、タビエ、スズメガヤ、ニワホコリ、ナルコビエ、ウンヌケ、オニウシノケグサ、ヒロハウシノケグサ、ナギナタガヤ、ドジョウツナギ、チガヤ、チゴザサ、アゼガヤ、ササクサ、ササガヤ、アシボソ、ススキ、オギチヂミザサ、キビ、シマスズメノヒエ、スズメノヒエ、チカラシバ、ヒエガエリ、セイパンモロコシ、ネズミノオ、メカルカヤ、カルカヤ、マコモ
ドチカガミ科―スブタ、ヤナギスブタ、ドチカガミ、ミズオオバコ、セキショウモ
オモダカ科―ヘラオモダカ、オモダカ、アギナシ、ウリカワ
イバラモ科―ホッスモ
ヒルムシロ科―イトモ、エビモ、ヒルムシロ、フトヒルムシロ、オヒルムシロ、ミズヒキモ
ミクリ科―ミクリ、ヒメミクリ
ガマ科―ガマ、ヒメガマ
ヒノキ科―ヒノキ、ネズミサシ
スギ科―スギ
マツ科―アカマツ、クロマツ、ツガ、モミ
イヌガヤ科―イヌガヤ
イチイ科―カヤ
シシラン科―シシラン
ウラボシ科―ミツデウラボシ、マメヅタ、ノキシノブ、サジラン、クリハラシ、オシャクジデンダ、ヒトツバ
チャセンシダ科―トラノオシダ、ヌリトラノオ、トキワトラノオ、チャセンシダ、イヌチャセンシダ、イワトラノオ
シシガシラ科―シシガシラ、コモチシダ
オシダ科―オオカナワラビ、ホソバカナワラビ、コバノカナワラビ、ハカタシダ、リョウメンシダ、カラクサイヌワラビ、サトメシダ、ホソバイヌワラビ、イヌワラビ、タニイヌワラビ、ヤマイヌワラビ、ウラボシノコギリシダ、ヒロハイヌワラビ、シケチシダ、コハネシケチシダ、キヨスミヒメワラビ、ホシダ、ヤブソテツ、ヒロハヤブソテツ、ヤマヤブソテツ、ヘラシダ、ヒカゲワラビ、オニヒカゲワラビ、ノコギリシダ、キヨタキシダ、イワヘゴ、サイコクベニシダ、ベニシダ、マルバベニシダ、クマワラビ、ヤマイタチシダ、ヒメイタチシダ、オオイタチシダ、シケシダ、ハクモウイノデ、イヌガンソク、ゲジゲジシダ、ツルデンダ、ジュウモンジシダ、カタイノデ、ツヤナシイノデ、ミツイシイノデ、サイコクイノデ、イノデ、カタイノデモドキ、イノデモドキ、ヒメカナワラビ、ミゾシダ、スリワラビ、ヒメシダ、イブキシダ、コハシゴシダ、ハリガネワラビ、ヒメワラビヤワラシダ、ハシゴシダ
シノブ科―シノブ
イノモトソウ科―ハコネシダ、イワガネゼンマイ、イワガネソウ、ウラゲイワガネ、イヌシダ、コバノイシカグマ、オウレンシダ、イワヒメワラビ、フモトシダ、タチシノブ、ワラビ、オオバイノモトソウ、イノモトソウ、ホラシノブ
キジノオシダ科―キジノオシダ
コケシノブ科―アオホラゴケ、コウヤコケシノブ、ハイホラゴケ
ウラジロ科―ウラジロ、コシダ
フサシダ科―カニクサ
ゼンマイ科―ゼンマイ、ヤシャゼンヤイ、ヤマドリゼンマイ
ハナワラビ科―フユノハナワラビ、オオハナワラビ、ナツノハナワラビ
トクサ科―スギナ、イヌドクサ
イワヒバ科―イワヒバ、カタヒバ、クラマゴケ、タチクラマゴケ
ヒカゲノカズラ科―ヒカゲノカズラ、エゾヒカゲノカズラ、マンネンスギ、トウゲシバ


徳島県立図書館