阿波学会研究紀要


このページでは、阿波学会研究紀要論文をご覧いただけます。
 なお、電子化にともない、原文の表記の一部を変更しています。

郷土研究発表会紀要第26号
池田町の読書調査

読書調査班 猪井達雄

〈はしがき〉
 ことしも、読書推進運動協議会が中心になって10月27日から11月9日まで読書週間がありました。その標語は「燃えよ人生!本とのふれあい」というものでありました。
 総合学術調査の一環として、本年は池田町で、本とのふれあいについて読書調査をいたしました。その概要を、ご報告いたします。

〈調査表の配布と回収〉
 調査区は、大きく、1池田東と2池田西にわけて池田町内の中学校在学中の生徒のご父兄を対象として町教育委員会、中学校、生徒、ご父兄という順序で調査表を配布ご協力をいただき、回収、調査を完了することができました。この席上、厚く御礼を申しあげます。
 昭和54年は、池田町立図書館が創立された年で、池田町はもちろん、本県図書館界にとっても一大ニュースでありました。延400平方メートル、鉄骨40席の独立館をまのあたりにみたとき調査をお願いにいった私達は、私の町にも、このような図書館が欲しいなあと思いました。
 こんな図書館のある町の調査結果はどうなるか。楽しみでもあり、また創立時の意義ある出発点でもあり、今後何かにつけて役立てていただきたいと思って結果集計をすすめました。
 配布と回収はつぎのとおりであります。


〈調査結果の概要〉
1.地域の就学状況
 あなたのご子弟で就学中の方がありますか。また卒業されている方がありますかという問いに対して、つぎの結果が得られました。


2.情報知識を得る手段
 情報や知識を得る手段としてマスコミの媒体がいろいろあげられておりますが、ここでは、活字媒体と電気媒体のうち、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・書籍の五つをあげて、たいせつな順に1 、2 、3 と印を入れてもらいました。1 といれたものは
  新聞 49.4%
  テレビ 45.0%
  ラジオ 2.2%
  雑誌 2.2%
  書籍 1.2%
で、電気媒体が47.2%、活字媒体が52.8%と少し活字媒体が多いようです。
 ところが1 +2 +3 をみますと、テレビが1位になり、
  テレビ 34.7%
  新聞 33.7%
  雑誌 15.3%
  ラジオ 11.9%
  書籍 4.4%
で、電気媒体が46.6%、活字媒体53.4%となり、活字媒体が多くあげられておりります。
 参考までに申しあげますと、過去10か年の調査平均は電気49.2%、活字50.8%で、ほとんど5分5分でしたが、池田町では、活字が多かったようです。
3.県立図書館の利用状況
  図書の借用 31.6%
  移動図書館車 2.6%
  閲覧利用 5.1%
  参考奉仕 2.4%
  読書会など 1.0%
  その他 3.1%
  計 45.8%
が利用経験で、過去10か年の29.3%の利用経験にくらべると、図書館のある町の結果がよくでていると考えられます。
4.最近の読書状況(最近3か月間)
 最近3か月間にどんな本を読んだか、書籍、雑誌、週間誌をあげ、書名、誌名を書いてもらうようにしましたが、
  週間誌 26.9%
  雑誌 23.5%
  書籍 14.7%
  計 65.1%
という結果で、軽い読みものを読むということがわかりました。この傾向は、過去の調査結果とよく似ております。
5.読書の動機
 読書の動機づけには、どんなものがあるか14項目にわけて書いてもらいました。つぎのようになっております。
  書店・駅の売店 29.2%
  新聞広告 17.3%
  新聞雑誌書評 12.2%
  テレビを見て 7.5%
  人にすすめられて 6.6%
  雑誌広告 5.3%
  図書館・公民館 4.9%
  ポスター 2.5%
  寄贈 2.4%
  ラジオを聞いて 2.0%
  カタログ 2.0%
  ダイレクトメール 1.5%
  映画 1.0%
  その他 5.6%
  計 100.0%
6.読書の目的
 読書は人それぞれに目的がありますが、6の項目とその他にわけて記入してもらいました。その結果、趣味や娯楽のためにという目的が多く、つぎのようになっております。
  娯楽のため 19.9%
  趣味のため 19.6%
  教養のため 16.8%
  なんとなく 16.2%
  職業上の必要から 14.7%
  子どもの教育のため 11.8%
  その他 1.0%
  計 100.0%
7.読書する本の入手方法
 あなたは読みたい本は、おもにどこから入手されますかという問いに対して
  自分で買う 61.4%
  友人から借りる 11.8%
  図書館・公民館で借りる 6.6%
  家にある 6.1%
  学校から借用 4.9%
  貸し本屋から借りる 4.2%
  職場の文庫から借りる 3.0%
  移動図書館車を利用する 1.0%
  その他 1.0%
  計 100.0%
となっており、自分で買うというのが圧倒的に多いことがわかります。
8.図書館蔵書の充実希望
 図書館の蔵書を充実するうえのご希望を聞いたわけでありますが、十進分類表をもとにして15項目に記入していただきました。
  文学古典小説詩歌関係 13.5%
  家事家庭育児関係 12.8%
  健康保健衛生関係 11.7%
  歴史伝記地理関係 11.5%
  スポーツ娯楽関係 9.6%
  郷土関係 7.8%
  教育関係 7.1%
  政治経済法律法令関係 6.4%
  工業工学関係 5.2%
  自然科学関係 4.0%
  商業商店経営関係 3.9%
  哲学倫理宗教関係 2.6%
  音楽演劇関係 1.5%
  文通通信関係 1.3%
  農林水産関係 1.1%
  計 100.0%
で、文学関係、家事関係、保健関係、歴史関係などが10%以上になっています。
9.余暇の過ごし方
 余暇の利用には、読書をしていただきたいという念願をこめての調査ですが、
  ラジオ・テレビ 42.0%
  読書 13.9%
  ごろ寝・休息 12.8%
  買物 11.2%
  スポーツ 8.2%
  一泊以上旅行 0.9%
  日帰り旅行 2.9%
  計 100.0%
  その他 8.1%
10.県立図書館について感想希望等
 池田東が19校、池田西が21校、あわせて40校の記入がありました。
 資料充実7件、巡回図書充実7件、図書館建設7件のほか、県立図書館のことをじゅうぶん知らない11件、遠隔地で不便だ7件、その他3件となっております。その一つを紹介しますと、
「県立図書館は利用できないのが現状で現在どの程度充実しているのかも知りません。遠隔地にあるため無理なことですが、できれば分館などをつくるか、巡回図書を多くするかしてほしいと思います。また広報的な面でも広く一般家庭にも知れる方法を考えて下さい。」ということであります。
 たいへん建設的なご意見をいただき、第11回目の読書調査として、意義ある結果のでたことをよろこんでおります。ありがとうございました。


阿波学会総合学術調査
「読書に関する世論調査」実施要領
1 目的
 この調査は、池田町の教育文化を背景とした読書生活の実態を分析して読書に対する興味の傾向および欲求をとらえ、その要求をもとに今後の同町における図書館活動を展開するため実施する。
2 調査地域と対象
 池田町全域 同町内の中学校在学生の世帯主を対象に行う。
3 調査方法および期日
(1)方法 在学中の中学生の世帯主へ配布収集する。
(2)調査表 別添用紙による。
(3)期日 昭和54年8月1日現在
     (注 夏休み前7月に配布し、夏休み後に回収)
4 集計結果
 当館で集計し、阿波学会で発表、紀要に印刷する。
   徳島県立図書館

読書に関する世論調査表
 (昭和54年8月1日現在) 徳島県立図書館
調査区番号(   )調査区名(   )
〈お願い〉県立図書館では,読書に関する世論調査を行なっています。この調査は,いろんな面から読書について調査し,その結果は,今後の図書館運営や公民館の読書活動の改善などに役立てるもので,個々の調査表記入事項については秘密を守り,統計上以外の目的に使用いたしませんので,どうか趣旨をご理解のうえ,つぎの問いにお答えを記入してください。(世帯主がご不在の場合は世帯員の方が,また家族ご相談のうえ,記入くださっても結構です。)

問1.現在あなたのご子弟で就学中の方がありますか。また,すでに卒業されている方がありましたら,該当の項目の数字を○でかこんでください。
  就学中(1.小学校 2.中学校 3.高校 4.高専 5.短大 6.大学)
  卒業(7.中学校 8.高校 9.高専 10.短大 11.大学)

問2.人間は,社会生活を営むうえにいろいろ新しい情報(知識)が必要ですが,あなたは,その情報(知識)を得られる手段としてつぎのどれによっておられるか,該当のものの頭に○印をつけ,その○の中に,あなたが利用されている順に1.2.3.のように番号をいれてください。
  新聞 雑誌 書籍 テレビ ラジオ

問3.県立図書館は,みなさんに情報(知識)を提供するセンターとしての役割りを果たしていますが,あなたまたはご家族のかたの利用状況について,該当のものの数字を○印でかこんでください。
  1.図書の閲覧
  2.図書の借用
  3.図書館へ電話で照会(口頭を含む)
  4.図書館ヘ文書で照会
  5.巡回図書(移動図書館車)の利用
  6.読書会に参加
  7.読書グループに所属
  8.その他(  )
  9.利用したことがない

問4.あなたは,最近3か月間に本を読みましたか,該当の項目の数字を○印でかこみ,読んでいる方は書名等を下欄に記入してください。
  1.週刊誌
  2.雑誌
  3.書籍
  4.読んでいない

問5.あなたが本を読む動機となったのは,つぎのどれですか。該当の数字を○でかこんでください。
  1.新聞の広告をみて
  2.雑誌の広告をみて
  3.新聞・雑誌の書評をみて
  4.書店・駅の売店などで実物をみて
  5.ポスターをみて
  6.ダイレクトメールで
  7.カタログをみて
  8.図書館・公民館・読書グループなどから
  9.テレビをみて
  10.ラジオをきいて
  11.映画をみて
  12.人にすすめられて
  13.寄贈されて
  14.その他(   )

問6.あなたが本を読む場合,おもにどんな目的で読みますか。つぎに該当する項目の番号を○印でかこんでください。
  1.職業上の必要から
  2.趣味のため
  3.教養のため
  4.娯楽のため
  5.こどもの教育のため
  6.なんとなく
  7.その他(  )

問7.あなたが読みたい本は,おもにどこから入手されますか。該当する項目の番号を○印でかこんでください。
  1.自分で買う
  2.図書館・公民館で借る
  3.移動図書館車を利用する
  4.学校から借る
  5.職場の文庫から借る
  6.友人から借る
  7.借し本屋から借る
  8.家にある
  9.その他(  )

問8.図書館の蔵書を充実するうえにおいて,みなさんのご希望を参考にしたいと思いますので,あなたが興味をおもちの本,または購入希望の本がありましたら,つぎの該当する項目の番号を○印でかこんでください。
  1.哲学・倫理・宗教関係
  2.歴史・伝記・地理関係
  3.政治・経済・法律・社会関係
  4.教育関係
  5.自然科学(物理・化学・生物)
  6.保健衛生・健康関係
  7.工業・工学(土木・建築・機械・電気)関係
  8.家事・家庭・育児関係
  9.農林・水産関係
  10.商業・商店経営関係
  11.交通・通信関係
  12.音楽・演劇関係
  13.スポーツ・娯楽関係
  14.文学・古典・小説・詩歌関係
  15.郷土に関するもの

問9.あなたは,余暇をどう過ごしますか。
  1.読書
  2.ラジオ・テレビ
  3.ごろ寝・休息
  4.日帰り旅行
  5.1泊以上の旅行
  6.スポーツ
  7.買物
  8.その他


問10.県立図書館についてお気づきの点,感想,希望をつぎに記入してください。


徳島県立図書館